1:
おたぽる 11月7日 18時0分配信

no title

『金属バットの女』 (ちゅーばちばちこ/HJ文庫)

 なんでもアリのライトノベルというジャンルに新たな可能性が投下されたとでもいうべきか。第9回HJ文庫大賞の特別賞受賞作である、
ちゅーばちばちこ『金属バットの女』(HJ文庫)。おそらく、多くの読者は途中で投げ出しただろう。

 後書き含めて200ページあまりと、ライトノベルとしては、薄い。
でも、ライトノベルを読みたいと思って買った読者にとっては、この作品は苦痛以外なにものでもない。

 本の帯には「セカイを救う2人の殺戮系ラブロマンス」とある。
特別賞の選評では、この作品を00年代的な「セカイ系」作品の系譜を発展させた作品のごとく記している。

 これらは、全部間違いである。

 おそらく選者は「セカイ系」という言葉以外に、語る言葉を思いつかなかった。
それでいて「なんだかよくわからんがスゴイ」という感覚に囚われたのであろう。

 物語を綴るのは「俺」こと芦原幽玄の一人称。この世界には「試験官」なる怪物が出現していて、人類は億単位で殺されている。それでも日常が続く世界。

「俺」が家に帰ると、親父、かーちゃん、兄貴、妹、じじぃが、みんな殺されていた。
「試験官」を金属バットで殺せるただ一人の少女・椎名有希によって。

 なんで家族が殺されたのか、理由もよくわからないまま「試験官」を殺す有希の姿。
それに同行しながら、彼女を「好き」だと語り続ける「俺」の物語は進んでいく。

 物語は何も明らかにはしない。試験官は13体だというが、なぜ13体なのか。
その出現する場所がわかっている理由も、金属バットで叩き殺せる理由も、何も説明しないのだ。

 とにかく、世界の存亡が2人の男女の人生と直結している。その物語ゆえに作品は「セカイ系」だと記されている。
だが違う、この作品において物語は単なるオマケに過ぎない。

 そこに気づいた人は、一定以上の文学作品に触れた体験があれば「あれ、どこかで見たような作風だな」と感じるだろう。
ジョイスの『ユリシーズ』か、あるいはニミエの『ぼくの剣』か、いやいや違う。セリーヌの『夜の果てへの旅』だ。

『夜の果てへの旅』は、最後まで読んだだけで自慢できるし、限られた人は尊敬してくれる。とりあえず枕にするには最適な長編小説だ。
セリーヌが延々と書き記した虚無と、本作品の、世界も変わらず愛も成就せずのどうしようもなさは、どこか共通点を感じてしまう。
だから、この作品を読んだ果てに、こんな想いが浮かんできた。

 ……これ、それなりの文学者がイタズラで応募したんじゃないだろうか?

 でもね、それは違うだろう。なぜなら、もしそこまでの作品力があれば、刊行から1月余りを経た今、もっと多くの賞讃と罵倒とが、溢れかえっているだろうから。
その点で、なんだかよくわからんペンネームの作者の実験は、まだ成就していない。

 もしも、この作品を最後まで読み通して、わけがわからんけれども、異様なパワーを感じたならば賞讃ではなく罵倒の言葉をぶつけるべきだろう。

「どこがラノベだ」「意味がわからん」「金返せ」

 ネットという便利な手段を使って作者と作品が罵倒の洪水に見舞われることで、この作品は、はじめて作品として完成するだろう。

 きっとこの作者、次回作では異常に軽い学園青春ものとかを書くはず。
(文=是枝了以)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151107-00010005-otapolz-ent

7:
>>1
庶民サンプルと比べてどっちが酷い?

35:
>>1
なんだかよく解らない文章
おちつけ

59:
>>1の文章力もラノベ作家並みに酷い

5:
空戦とどっちがひどいの?

8:
ラノベではなかったのかもしれないけどエログロナンセンスなんて正直珍しくもなんともないな
二次の美少女キャラを出しとけばとりあえず新しいのかもしれんが

11:
某携帯小説よりマシだと思うがな

12:
ここの説明だけきくと、西尾維新の『悲鳴伝』のパクリっぽいんだけど。

58:
>>12
あらすじのワードを拾うと零崎双識の人間試験も思い浮かぶな

17:
怪物を倒す少女になぜ家族も殺されてるの?

18:
今年一番売れたラノベは「絶歌」

21:
ネガティブハッピーチェインソーエッヂを思い出したが

37:
>>21
結構好き
あの作者何やってんだろ

23:
いやいやそんな煽りしてもよまねーからw

24:
ラノベの公募新人賞って応募作が増えすぎたせいか、
書く方も選ぶ方もとりあえず変化球投げとけみたいな風潮あるよな

27:
これでも宣伝記事なんだろうなぁ

なんせそんなの存在も知らんかったしよぉ

38:
よく判らんが文学作品の模倣型ラノベが流行る兆しにあるってこと?

41:
この記事自体が
ボロクソに貶してるように見せかけた宣伝だろ
としか

46:
露骨な宣伝記事だなあ

47:
ステマなのは間違いないが

49:
昔、あまりにも酷いという評判でかえって売れた、リアル鬼ごっこという小説が

72:
美少女絵の表紙がテンプレ通り越してほぼ絶対と化した今のラノベ状況で
後姿のみという思い切りは評価できるなあ

75:
別にこれに限った話じゃないが

『俺の嫌いなものはみんなも嫌いになれ』

『俺の嫌いなものが持て囃されているのが気に入らない』

『良いものがあっても他のものを持ち出してあっちの方が良いと難癖つける』

オタクの悪いところだよね

76:
>>75
オタクに限らずだけども、
人間って”自分の世界観が全て”って考えることが多いからね

78:
そうそう。自分がつまらなかった、理解できなかったものは全て糞扱いするやつ居るね。
あげくの果てに、楽しんでいる人間にまでちょっかい出してくる。